情報ネットワーク(読み)じょうほうネットワーク(英語表記)information network

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンピュータを頂点とする情報機器の利用の高度化に伴い,(1) 情報機器の間を連続する,(2) 遠隔地にある入出力装置,データ端末装置を中央のコンピュータに接続する,(3) データ端末装置相互間を接続する,というような利用形態が普及するようになった。これらのシステム間を接続するデータ網のことを情報ネットワークと呼ぶ。オフィスでの使用形態としては各人の机上にワークステーションが置かれ,個々のワークステーションがネットワークを介してホストコンピュータと接続され相互に通信ができるようになっている。ワークステーションを接続するネットワークとして,利用されるハードウエアには,個々のワークステーションのレベルを接続するローカルエリアネットワーク LAN(local area network),ローカルを互いに接続するバックボーンネットワーク(back-bone network),遠隔地に分散する個々のサイト間を接続する広域ネットワーク WAN(wide area network)などがある。 WANについては,高速回線や,高機能回線の普及により,WANと LANの結合されたソフトウエア開発環境が実現されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

情報ネットワークの関連情報