コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報ネットワーク じょうほうネットワークinformation network

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情報ネットワーク
じょうほうネットワーク
information network

コンピュータを頂点とする情報機器の利用の高度化に伴い,(1) 情報機器の間を連続する,(2) 遠隔地にある入出力装置,データ端末装置を中央のコンピュータに接続する,(3) データ端末装置相互間を接続する,というような利用形態が普及するようになった。これらのシステム間を接続するデータ網のことを情報ネットワークと呼ぶ。オフィスでの使用形態としては各人の机上にワークステーションが置かれ,個々のワークステーションがネットワークを介してホストコンピュータと接続され相互に通信ができるようになっている。ワークステーションを接続するネットワークとして,利用されるハードウエアには,個々のワークステーションのレベルを接続するローカルエリアネットワーク LAN(local area network),ローカルを互いに接続するバックボーンネットワーク(back-bone network),遠隔地に分散する個々のサイト間を接続する広域ネットワーク WAN(wide area network)などがある。 WANについては,高速回線や,高機能回線の普及により,WANと LANの結合されたソフトウエア開発環境が実現されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

情報ネットワークの関連キーワードグローバリゼーション(Globalization)バーチャル・コーポレーション90年代通商産業政策ビジョンシステム・インテグレーション富士電機ITソリューション三菱電機情報ネットワークネットワーク・オフィスCAPTAINシステムニシローランドゴリラ学術情報ネットワークグループテクノロジーNTTソフトウェア総合物流サービスデジタルデバイドセキュアヴェイルビジネスモデルサイバー防衛隊流通システム化アットホーム協同一貫輸送

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

情報ネットワークの関連情報