便益(読み)べんえき

精選版 日本国語大辞典「便益」の解説

べん‐えき【便益】

〘名〙 (形動) 便利で、利益があるようにすること。また、そのさま。便利。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「一般の公用に金を費すときは〈略〉金貨の融通を盛にし世の便益と為り」 〔謝承後漢書巻六‐王防〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「便益」の解説

べん‐えき【便益】

便宜と利益。都合がよく利益のあること。「土地利用の便益を与える」
[類語]ため利益益体一利裨益ひえき実利有用有益有効有利実用ユーティリティー便利重宝ちょうほう簡便軽便好都合至便役立つ役に立つ役立てる資する捨てたものではないメリット・得る所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android