コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟政 いせい

1件 の用語解説(惟政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟政 いせい

1543-1610 朝鮮王朝の僧。
中宗37年生まれ。壬辰倭乱(じんしんわらん)(文禄(ぶんろく)の役)に際し,師の休静(きゅうじょう)が編制した義僧軍にくわわり,日本軍とたたかう。1604年(慶長9)孫文彧(ぶんいく)とともに講和使節として来日し,伏見城で徳川家康・秀忠とあい,国交の修復と捕虜3000人余の送還を交渉した。光海君3年死去。68歳。字(あざな)は離幻。号は泗溟(しめい),松雲。俗姓は任。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の惟政の言及

【休静】より

…壬辰・丁酉倭乱(文禄・慶長の役)に際し,門徒1500人を召集して義僧軍を編制,全国に檄を発した。八道十六宗都総摂に任ぜられ,弟子の惟政(泗溟堂)らと各地の義僧軍5000人を率いて日本軍と戦った。義僧軍は平壌,開城の奪回をはじめ,武器の製造や山城の築造などでも活躍した。…

※「惟政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

惟政の関連キーワード金明国高麗茶碗中宗朝鮮王朝実録李成桂李朝実録朝鮮王室儀軌阿只抜都芳仲柳成竜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone