コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惟政 いせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

惟政 いせい

1543-1610 朝鮮王朝の僧。
中宗37年生まれ。壬辰倭乱(じんしんわらん)(文禄(ぶんろく)の役)に際し,師の休静(きゅうじょう)が編制した義僧軍にくわわり,日本軍とたたかう。1604年(慶長9)孫文彧(ぶんいく)とともに講和使節として来日し,伏見城徳川家康秀忠とあい,国交の修復と捕虜3000人余の送還を交渉した。光海君3年死去。68歳。字(あざな)は離幻。号は泗溟(しめい),松雲俗姓は任。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の惟政の言及

【休静】より

…壬辰・丁酉倭乱(文禄・慶長の役)に際し,門徒1500人を召集して義僧軍を編制,全国に檄を発した。八道十六宗都総摂に任ぜられ,弟子の惟政(泗溟堂)らと各地の義僧軍5000人を率いて日本軍と戦った。義僧軍は平壌,開城の奪回をはじめ,武器の製造や山城の築造などでも活躍した。…

※「惟政」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

惟政の関連キーワード朝山日乗(ちょうざんにちじょう)良成親王(よしなりしんのう)大阪府茨木市五日市江島小弥太阿蘇惟郷朝山日乗西山大師足利義昭高山右近荒木村重池田勝正伊丹親興中川清秀朝鮮王朝山岡景友茨木城芥川城嵩岳寺高槻城通度寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android