コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意とする イトスル

デジタル大辞泉の解説

意(い)と◦する

(多く、あとに打消しの語を伴って用いる)気にとめる。心配する。「失敗も―◦せずやり抜く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いとする【意とする】

気にとめる。意に介する。多く打ち消しの語を伴って用いる。 「多少の犠牲は-・せず」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

意とするの関連キーワードアカマタ・クロマタネットプレーヤー望月(満月)あいだちなしダイコベト御株を奪ういささ小笹濡れ手で粟北(方角)傍目八目道化役者四つ相撲天児屋命木の葉猿かたらかしたたに濡れ事師茶利語り蒼前様艶語り

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

意とするの関連情報