意とする(読み)いとする

精選版 日本国語大辞典の解説

い【意】 と=する[=為(な)す]

① (多く下に打消の語を伴って) 気にとめる。気にかける。意に介する。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二「君請ふ意と為すなかれ」
② ある事柄に対し、こうである、また、こうしたいと思う。
※太平記(14C後)三八「只尺寸の謀を以て大功の成らん事を意とする者也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

意(い)と◦する

(多く、あとに打消しのを伴って用いる)気にとめる。心配する。「失敗も―◦せずやり抜く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android