愚問賢注(読み)グモンケンチュウ

デジタル大辞泉 「愚問賢注」の意味・読み・例文・類語

ぐもんけんちゅう【愚問賢注】

南北朝時代の歌論書。1巻。頓阿とんあ二条良基よしもと著。正平18=貞治2年(1363)成立良基の問いに頓阿が答える形式で、歌の本質・風体本歌取りなどについて説いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android