コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本歌取り ほんかどり

5件 の用語解説(本歌取りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本歌取り
ほんかどり

歌学用語。典拠のしっかりした古歌 (本歌) の一部を取って新たな歌を詠み,本歌を連想させて歌にふくらみをもたせる技法。「苦しくも降りくる雨か三輪が崎佐野のわたりに家もあらなくに」 (『万葉集』) を本歌として「駒とめて袖うち払ふかげもなし佐野のわたりの雪の夕暮」 (『新古今集』) が詠まれるなどがその例。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほんか‐どり【本歌取り】

和歌・連歌などで、古歌の語句・趣向などを取り入れて作歌すること。新古今時代に盛んに行われた。藤原定家が「苦しくも降り来る雨か三輪(みわ)の崎狭野(さの)の渡りに家もあらなくに」〈・二六五〉を本歌として「駒とめて袖うちはらふかげもなしさののわたりの雪の夕暮れ」〈新古今・冬〉と詠んだ類。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

本歌取り【ほんかどり】

和歌の修辞法の一つ。古歌を素材にとり入れて新しく作歌すること。とられた古歌を本歌という。古歌の1句もしくは数句を素材として新しい表現に用い,表現効果の複雑化を意図するので,余情の表現に適している。
→関連項目新古今調

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほんかどり【本歌取り】

歌学用語。古歌の1句または2句を自作にとり入れ,表現効果の重層化を意図する修辞法。そのとられた古歌を本歌という。長い歴史のうちで自然に成長してきた技巧で,たとえば《古今和歌集》巻二の紀貫之の歌〈三輪山をしかも隠すか春霞人に知られぬ花や咲くらむ〉は,《万葉集》巻一の額田王の歌〈三輪山をしかも隠すか雲だにも心あらなもかくさふべしや〉を本歌にしている。この例あたりを早いものとして,少しずつ例が増加する。しかし,このころはまだ修辞的な技巧としては意識されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほんかどり【本歌取り】

和歌で、古歌の語句・発想・趣向などを取り入れて新しく作歌する手法。新古今時代に盛んに行われた。「月やあらぬ春や昔の春ならぬわが身一つはもとの身にして」を本歌として、「面影のかすめる月ぞやどりける春やむかしの袖の涙に」と詠む類。
連歌・俳諧の付合方法の一。和歌の本歌取りの手法を付け合いに用いたもの。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の本歌取りの言及

【源氏物語】より

…また,特にたとえば恋の高潮点に達した場合などには,意識的に五七調,六七調のごときリズミカルな文体に整えられる。またいわゆる〈本歌取り〉の技法が頻用されて,一つの場面効果を周知の古歌の持つイメージと二重写しにして拡大しようとすることも多い。自然描写にも,個々の事物を即物的,具体的に客観描写することはなく,草木,山野,風雨,日月,音響などすべてが一体化して醸し出す気分が包摂的にとらえられる。…

【新古今和歌集】より

…古典和歌の史的変遷を映しだすとともに,その必然の帰結として当時の新風を誇示する気迫が示されている。〈幽玄〉体と称された新風は,俊成・定家父子の創造,ことに定家の独創に影響され,技法としては本歌取りの極限的な活用が志向された。古典和歌の1首または2首を本歌として取り,その再構成をはかる。…

※「本歌取り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本歌取りの関連情報