コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風体 ふうてい

5件 の用語解説(風体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風体
ふうてい

歌学用語。ある思想内容や着想 (心) の言語 (詞) による表現行為 (詠歌) の結果得られた一首の和歌全体の言語形象 (姿) をいう。「姿」「体」「風姿」などともいい,「幽玄」「有心 (うしん) 」「長 (たけ) 高し」など,美的理念を喚起する姿をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふう‐たい【風体】

ふうてい(風体)

ふう‐てい【風体】

身分や職業をうかがわせるような外見上のようす。身なり。ふうたい。「怪しい―の男」「勤め人らしい―」
和歌・連歌などの表現様式。作品から感じ取られる情趣や、それが言葉に表れている姿。歌風。
能楽で、役柄・曲柄・芸風・風情などをさしていう語。世阿弥の能楽論用語。風姿。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふうたい【風体】

ふうてい【風体】

(素性などがうかがわれる)人の様子や身なり。ふうたい。 「怪しい-の男」 「 -ただものにあらず/安愚楽鍋 魯文
和歌・連歌・俳諧で、作品の様式・よみぶり。また、作品全体から生ずる情趣。 「古今より後、その時々の-いささかづつかはりもてゆき/国歌八論」
能楽で、表現様式のこと。芸風。 「内心より-色々に出で来ればなほいよいよ面白くなる也/花鏡」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風体の関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風体の関連情報