風体(読み)ふうてい

  • ふうたい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌学用語。ある思想内容や着想 (心) の言語 () による表現行為 (詠歌) の結果得られた一首の和歌全体の言語形象 (姿) をいう。「姿」「体」「風姿」などともいい,「幽玄」「有心 (うしん) 」「長 (たけ) 高し」など,美的理念を喚起する姿をさす。「心」「詞」の総合のうえに成り立つ概念。歌合や歌論書でよく用いられる語。『古来風躰抄』『近来風体抄』『正風体抄』など書名にこの語を含む歌論書もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

身分や職業をうかがわせるような外見上のようす。身なり。ふうたい。「怪しい風体の男」「勤め人らしい風体
和歌・連歌などの表現様式。作品から感じ取られる情趣や、それが言葉に表れている姿。歌風。
能楽で、役柄・曲柄・芸風風情などをさしていう語。世阿弥の能楽論用語。風姿。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうてい風体
(素性などがうかがわれる)人の様子や身なり。ふうたい。 怪しい-の男 -ただものにあらず/安愚楽鍋 魯文
和歌・連歌・俳諧で、作品の様式・よみぶり。また、作品全体から生ずる情趣。 古今より後、その時々の-いささかづつかはりもてゆき/国歌八論
能楽で、表現様式のこと。芸風。 内心より-色々に出で来ればなほいよいよ面白くなる也/花鏡

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① =ふうてい(風体)①〔書言字考節用集(1717)〕
〘名〙
① 身なり。姿。みかけ。様子。ふうたい。〔易林本節用集(1597)〕
※洒落本・辰巳之園(1770)「客の風躰(フウテイ)は、御大名の勝手用人とも云かっこふにて」 〔梁書‐蕭頴達伝〕
② 技芸などの流派の古くからのならわし。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 和歌、連歌、俳諧などで、言語によって表現された姿と風情を統一した様式概念。和歌、連歌、俳諧などのさま。
※六百番歌合(1193頃)春上・一八番「歌の風体共によろしく侍るを、左は木の間おぼつかなく侍るにや」
④ 世阿彌の能楽論で、芸・芸風・演技・風姿・情趣など幅広い意に使われる語。歌道用語の転用。
※風姿花伝(1400‐02頃)二「常の振舞に風体変れば、何となく唐びたるやうに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風体の関連情報