コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良基 りょうき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良基 りょうき

?-1266 鎌倉時代の僧。
藤原基房の孫。真言宗。定豪(じょうごう)にまなび,鎌倉で祈祷(きとう)をおこなう。文永3年6代将軍宗尊(むねたか)親王の護身験者となるが,親王の謀反の疑いに関係して高野山にのがれ,食をたって同年死去。通称は松殿法印,松殿僧正。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

良基の関連キーワード救済(きゅうせい、連歌師)二条家(五摂家)梵灯庵・梵燈庵新後拾遺和歌集近来風体抄辛犬甘秋子菟玖波集公事根源鎌倉時代藤原基房梵燈庵主成瀬正泰連理秘抄平井道助梵灯庵主一条経嗣近衛兼嗣筑波問答愚問賢註藤原良基

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android