コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚庵(1) ぐあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愚庵(1) ぐあん

?-? 江戸時代中期-後期の画僧。
丹後(京都府)の人。白隠慧鶴(はくいん-えかく)に画をまなび,中国の水墨画家牧谿(もっけい)風の画をえがいた。文政年間(1818-30)に八十余歳で死去したといわれる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

愚庵(1)の関連キーワード画僧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android