愚陋(読み)ぐろう

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) おろかでいやしいこと。また、そのさま。愚劣。
※新撰朗詠(12C前)下「愚陋にしては論ぜず官の好悪、唯歓ぶ名字か除書に入ることを〈高丘五常〉」 〔荘子‐盗跖〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android