コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

ぐ【愚】

[名・形動]おろかなこと。ばかげたこと。また、そのさま。「を犯す」「な男」
「尾鰭(おひれ)を附けて―な評判をしておった」〈魯庵社会百面相
[代]一人称の人代名詞。自分のことをへりくだっていう語。
「―案ずるに何様(いかさま)小姑というものは」〈紅葉・二人女房〉

ぐ【愚】[漢字項目]

常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]おろか
おろか。ばか。「愚痴愚鈍愚民愚問愚劣暗愚頑愚
ばかにする。「愚弄(ぐろう)愚民政策
おろかな者。「下愚賢愚衆愚凡愚
自分に関する物事に添えて謙遜(けんそん)を表す語。「愚見愚妻愚生愚息

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐ【愚】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
おろかなこと。くだらないこと。また、そのさま。 「己の-を恥じる」 「 -なること殆んど児戯に似たれど/三日月 浪六
( 代 )
一人称。自分を謙遜していう語。 「東武にひろめて-の手柄にしたく候/芭蕉書簡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愚の関連キーワード大賢は愚なるが如し大円宝鑑国師仏徳大通禅師愚にも付かぬ痴愚神礼賛大層も無い上知・上智愚の骨頂思ひ死に松本愚山周利槃特一文不通伏原宣明人代名詞活山玄旭仏通寺派覚隠真知ドンタク算を置く叩き別け

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愚の関連情報