愚劣(読み)グレツ

デジタル大辞泉 「愚劣」の意味・読み・例文・類語

ぐ‐れつ【愚劣】

[名・形動]おろかで、おとっていること。ばかばかしいこと。また、そのさま。「愚劣極まりない話」「愚劣な行為」
[派生]ぐれつさ[名]
[類語]迂愚凡愚馬鹿愚か愚かしい馬鹿らしい馬鹿馬鹿しい阿呆らしい下らない無思慮ぶしりょ無考え浅はか浅薄せんぱく軽はずみ軽率浅浅浅浅しい浅はか軽薄浮薄単純軽佻笑止千万馬鹿臭い詰まらない阿呆臭い馬鹿げる笑い事笑止片腹痛い噴飯物噴飯笑い大笑い高笑い哄笑爆笑呵呵大笑抱腹絶倒笑い崩れる笑いける笑い転げる吹き出す腹の皮をよじ腹の皮を腹を抱える御中おなかを抱えるおとがいを解く愚にも付かぬへそで茶を沸かすへそ茶聞いてあきれるちゃんちゃらおかしい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「愚劣」の意味・読み・例文・類語

ぐ‐れつ【愚劣】

  1. 〘 名詞 〙 ( 形動 ) おろかで、能力が劣っていること。ばからしくて、何のねうちもないさま。くだらないさま。
    1. [初出の実例]「負乗之災、免愚劣」(出典続日本後紀‐承和一五年(848)正月乙酉)
    2. 「教師としては口にすべからざる愚劣(グレツ)の考であるが」(出典:吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一)
    3. [その他の文献]〔漢書‐谷永伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「愚劣」の読み・字形・画数・意味

【愚劣】ぐれつ

おろか。

字通「愚」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android