コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚劣 グレツ

デジタル大辞泉の解説

ぐ‐れつ【愚劣】

[名・形動]おろかで、おとっていること。ばかばかしいこと。また、そのさま。「愚劣極まりない話」「愚劣な行為」
[派生]ぐれつさ[名]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐれつ【愚劣】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ばからしく何の価値もない・こと(さま)。 「 -極まる考え」 「 -な奴」
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

愚劣の関連キーワードブルガーコフ(Mihail Afanas'evich Bulgakov)スウィフト(Jonathan Swift)アメリカン・マーキュリーブバールとペキュシェ冽・列・劣・烈・裂ガリバー旅行記倶・俱・具・愚吾輩は猫であるクルイローフウェデキントフランス哲学ソログーブバルビュスフロベール退廃芸術展乱作・濫作シェリダン痴愚神礼賛寒山・拾得メイラー

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愚劣の関連情報