好悪(読み)こうお

精選版 日本国語大辞典「好悪」の解説

こう‐お カウヲ【好悪】

〘名〙 (「悪(お)」は「にくむ」の意) んだり憎んだりすること。好きなことときらいなこと。好ききらい。
※本朝無題詩(1162‐64頃)三・池亭翫花〈輔仁親王〉「世上多年迷好悪、花前一日忘身名
※羽鳥千尋(1912)〈森鴎外〉「装釘の意匠なんぞに強列な好悪(カウヲ)がある」 〔礼記‐楽記〕

こう‐あく カウ‥【好悪】

〘名〙 物事のよしあし。また、すききらいの意に用いることもある。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)五「他人の好悪(カウアク)(〈注〉ヨキアシキ)長短をとかざれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「好悪」の解説

こう‐お〔カウヲ〕【好悪】

好むことと憎むこと。好き嫌い。「好悪が激しい」「好悪の念」
[類語]好き嫌い選り好み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「好悪」の解説

【好悪】こうお(かうを)

好ききらい。嗜向。〔礼記、王制〕市に命じてれしめ、以て民の好惡するる。

字通「好」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android