好悪(読み)こうお

精選版 日本国語大辞典「好悪」の解説

こう‐お カウヲ【好悪】

〘名〙 (「(お)」は「にくむ」の) んだり憎んだりすること。好きなことときらいなこと。好ききらい。
※本朝無題詩(1162‐64頃)三・池亭翫花〈輔仁親王〉「世上多年迷好悪、花前一日忘身名
※羽鳥千尋(1912)〈森鴎外〉「装釘の意匠なんぞに強列な好悪(カウヲ)がある」 〔礼記‐楽記〕

こう‐あく カウ‥【好悪】

〘名〙 物事のよしあし。また、すききらいの意に用いることもある。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)五「他人の好悪(カウアク)(〈〉ヨキアシキ)長短をとかざれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android