愛す(読み)かなしゅうす

精選版 日本国語大辞典「愛す」の解説

かなしゅう【愛】 す

(「かなしくす」の変化した) かわいがる。いとおしむ。
※伊勢物語(10C前)八四「ひとつ子にさへありければ、いとかなしうし給ひけり」

かなしく【愛】 す

大和(947‐957頃)二条家本付載「近くをだにはなたず父母のかなしくする人なりければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android