愛川吾一(読み)あいかわ ごいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愛川吾一 あいかわ-ごいち

山本有三の小説「路傍の石」の主人公。
父が事業に失敗,中学にすすめず同級生の父親の呉服屋にすみこむが,母の死を機に東京にでる。まずしいなか向学心をもやして誠実に生きぬく姿が読者の共感をよんだ。作品は昭和12年「朝日新聞」,13-15年「主婦之友」に連載。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android