コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉服屋 ゴフクヤ

デジタル大辞泉の解説

ごふく‐や【呉服屋】

織物や反物類を商う店。また、その人。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ごふくや【呉服屋】

呉服を売買する商人およびその店。呉服はもともとは絹織物を指し,綿織物麻織物太物(ふともの)と区別されていたが,現在では着尺(きじやく)織物の総称となっている。17世紀初めに京都,そして江戸,大坂などに,大名,武家や町人を顧客として生まれ,江戸では初めは京都の呉服商人の立売りであった。ふつう生産者(織屋)→呉服仲買→呉服問屋→小売の呉服屋→消費者という経路で流通し,呉服屋はおもに小売をさしていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごふくや【呉服屋】

呉服を売る店。また、売る人。江戸時代は絹織物を扱うものに限っていった。呉服店。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉服屋
ごふくや

呉服(絹織物、いまは着尺(きじゃく)織物の総称)を売買する商人。17世紀の江戸初期に京都、そして江戸・大坂その他の都市に誕生した。江戸では初めは京都の呉服商人の立ち売りであったという。呉服仲買、呉服問屋を通じて小売りされ消費者に渡るという流通機構であるが、呉服屋といった場合はおもに小売りをさしていた。大きな呉服屋では織屋から直接仕入れることもあった。17世紀末から、現金売り、掛け値なしが呉服屋の商法となっていた。また、太物(ふともの)(麻織物、綿織物)も取り扱い、呉服太物屋という店も多くできた。18世紀の江戸中期では仕立屋を専属させるだけでなく、染め物・練り物・張り物の職人も下職(したしょく)として抱えるようになり、顧客へのサービスを考えた。20世紀には、いくつかの呉服屋は百貨店となり、一方でほとんどの呉服屋は小企業として取り残されることになり、特定のわずかの顧客を対象とするようになった。[遠藤元男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の呉服屋の言及

【織物】より

…1626年(寛永3)以来しばしば出された風俗矯正や衣服に対する奢侈禁制に関する法度や町触は,消費生活が贅に流れた世相をよく物語っているが,それは一方からみれば染織業界の好況を意味している。江戸本町や伝馬町に越後屋,伊豆蔵,松坂屋をはじめ大小の呉服屋,絹屋,綿屋が軒をつらねて商いを競い始めたのは,延宝~天和の時代(1670‐80年代)であった。 一枚の長着である小袖がおもな衣服となった結果,その意匠や表現技法は著しく発展した。…

※「呉服屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呉服屋の関連キーワード三遊亭 円橘(3代目)入船亭 扇橋(8代目)河原崎権之助(6代)淡谷 清蔵(5代目)麗々亭柳橋(3代)三番町萩原屋の美人桂 小南(2代目)大丸 心斎橋店呉服屋安右衛門八幡祭小望月賑指切りおぶん岸浪 百艸居小林 喜三郎今野 賢三駒田 好洋小池 九一姫野 佐平恵比須切れお俊伝兵衛岩元信兵衛

呉服屋の関連情報