コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本有三 やまもとゆうぞう

7件 の用語解説(山本有三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本有三
やまもとゆうぞう

[生]1887.7.27. 栃木
[没]1974.1.11. 熱海
劇作家,小説家。本名勇造。東京帝国大学独文科卒業。 1910年第一高等学校在学中に戯曲『穴』を書き,雑誌『歌舞伎』に掲載され上演もされた。 14年3月第3次「新思潮」を豊島与志雄,菊池寛,久米正雄芥川龍之介らと興した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やまもと‐ゆうぞう〔‐イウザウ〕【山本有三】

[1887~1974]劇作家・小説家。栃木の生まれ。本名、勇造。人道主義的な社会劇作家として出発、のち理想主義的な小説を発表。文化勲章受章。戯曲「嬰児殺し」「坂崎出羽守」、小説「波」「女の一生」「真実一路」「路傍の石」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山本有三【やまもとゆうぞう】

小説家,劇作家。栃木県生れ。本名勇造。東大独文科卒。第3次《新思潮》の創刊に参加した。初め戯曲に専念し,《津村教授》《嬰児殺し》《坂崎出羽守》などを書いたが,のち小説に力を注ぎ《波》《女の一生》《真実一路》《路傍の石》その他を書く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本有三 やまもと-ゆうぞう

1887-1974 大正-昭和時代の劇作家,小説家。
明治20年7月27日生まれ。東京帝大在学中に芥川竜之介らと第3次「新思潮」を創刊。社会劇,歴史劇を次々に発表し,大正末期より小説に転じる。戦後は参議院議員となり,国語問題にもかかわった。芸術院会員。昭和40年文化勲章。昭和49年1月11日死去。86歳。栃木県出身。本名は勇造。戯曲に「嬰児殺し」「坂崎出羽守」,小説に「波」「女の一生」「路傍の石」など。
【格言など】心に太陽を持て(「心に太陽を持て」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

やまもとゆうぞう【山本有三】

1887‐1974(明治20‐昭和49)
劇作家,小説家。本名勇造。栃木県生れ。苦学して東大独文科を卒業。在学中から野外劇を催したり,第3次《新思潮》に戯曲を発表するなど演劇に関心を持つ。やがて《嬰児(えいじ)殺し》《生命の冠》(1920)などの戯曲を発表する。これらは社会の不合理を批判し人間の尊厳を訴えたものである。これで劇壇に登場した有三は,問題提起から人間内部の心理的葛藤を描く《坂崎出羽守》(1921),《同志の人々》(1923)へと進む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

やまもとゆうぞう【山本有三】

1887~1974) 劇作家・小説家。栃木県生まれ。本名、勇造。東大卒。「生命の冠」の上演で劇作家として認められ、理想主義的な問題劇を発表。のち、小説も書き、社会的広がりをもつ長編で親しまれた。戯曲「嬰児殺し」「同志の人々」、小説「波」「女の一生」「真実一路」「路傍の石」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本有三
やまもとゆうぞう
(1887―1974)

劇作家、小説家。明治20年7月27日栃木県下都賀(しもつが)郡栃木町(現栃木市)に生まれる。本名は勇造。父は呉服商を営む旧宇都宮藩士であった。第一高等学校を経て1915年(大正4)東京帝国大学独文科卒業。在学中に芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)、豊島与志雄(とよしまよしお)らと第三次『新思潮』をおこす。すでに一高時代から戯曲を書いていたが、『津村教授』(1919)、『嬰児(えいじ)殺し』(1920)、『生命の冠(かんむり)』(1920)などの社会劇で、新進劇作家として認められた。ついで関心は歴史劇に移り、『坂崎出羽守(でわのかみ)』(1921)、『同志の人々』(1923)など、ある歴史的状況に置かれた人間の心理的葛藤(かっとう)を、劇的緊張感のうちに描き尽くして深い感銘を与えた。このころ劇作家協会や文芸家協会の設立にも尽力。小説家としての活動は、26年(大正15)の新聞小説『生きとし生けるもの』に始まり、現実の荒波にもまれながら誠実に生きようとする人間の姿を描いた『波』(1928)、『女の一生』(1932~33)、『真実一路』(1935~36)、『路傍の石』(1937)などの長編を発表した。彼の作品は、人道主義的な理想主義の立場から、人生の意味を平明な文体で問いかけ、健全な市民文学として、広範な読者の共感をよんでいる。
 1941年(昭和16)に芸術院会員になり、第二次大戦後は貴族院議員、参議院議員として文化国家の建設に貢献。特に国語国字問題に力を注ぎ、当用漢字や現代かなづかい制定、国立国語研究所設立の中心になるなど、多くの功績を残した。65年文化勲章受章。戦後の作品に、平和の探究を主題にした『無事の人』(1949)、未完の『濁流』(1973)がある。昭和49年1月11日没。旧邸は三鷹市有三青少年文庫になっている。[宗像和重]
『『定本版 山本有三全集』全12巻(1976~77・新潮社) ▽福田清人・今村忠純著『山本有三 人と作品』(1967・清水書院) ▽『新潮日本文学アルバム33 山本有三』(1986・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山本有三の言及

【銀河】より

…1946年10月~49年8月,新潮社発行。第2次世界大戦後,山本有三を編集顧問に創刊。有三執筆の創刊のことば〈銀河のはじめに〉には,敗戦の中から立ちあがる新生日本の子どもたちに向けて,宇宙の悠久と,真理に生きることの尊さが熱意をこめて語られていた。…

【田坂具隆】より

…1924年日活京都(大将軍)撮影所に助監督として入社,3年目に喜劇《かぼちゃ騒動記》(1926)で監督になる。ほとんど同時に監督としてスタートした内田吐夢に比べて作品も作風もじみで目だたなかったものの,久米正雄原作,入江たか子主演のメロドラマ《月よりの使者》(1934),川口松太郎原作の《明治一代女》(1935)をヒットさせたのち,山本有三文学のヒューマニズムに共感して映画化した《真実一路》(1937)と《路傍の石》(1938)で映画作家としての新境地に達した。この間に高重屋四郎というペンネームでシナリオ(原案)を書いて撮った《五人の斥候兵》(1938)は,日中戦争開始後の国策映画路線のなかにあって,戦争の場に立たされた人間の姿を素朴な形で描きつつ〈戦争〉と真剣に取り組んだ初めての日本映画であった。…

【同志の人々】より

…2幕。山本有三作。1923年5月《改造》に発表。…

【波】より

山本有三の長編小説。1928年(昭和3)7~11月《朝日新聞》に連載,29年朝日新聞社刊。…

【振り仮名】より

…はじめは,固定した読みでも,読みにくく読みあやまりやすいものにつけたり(難有(ありがた)い,飛白(かすり),喋舌(しやべ)るなど),いくつかある読みのいずれであるかを明らかにするために使ったもので(身体(からだ),上部(うわべ)など),同字異語を区別するのに役だったが(自(おのずか)ら:自(みずか)ら,一寸(ちよつと):一寸(いつすん)など),これが乱用されて,漢字が示す言語と同じまたは類似のことがらを表す別の言語を示すのにも使うようになった(服装(なり),主導権(イニシアテイブ),菊五郎(ろくだいめ),継母(はは)など)。1938年に作家の山本有三が,むずかしい漢字の使用をやめ,やさしいことばで文章を書くことなどのために,振り仮名を廃止すべきことを提唱,作品《戦争とふたりの婦人》でそれを実行し,世論の支持を得た。たまたま,第2次世界大戦中,物資節約のためにルビつき活字が使えなくなり,さらに戦後,当用漢字表の使用上の注意事項として〈ふりがなは原則として使わない〉とされてから振り仮名廃止が広く行われるようになった。…

【緑風会】より

…参議院の会派。1947年5月17日第1回参議院選挙で当選した山本有三(勇造),佐藤尚武,河井弥八,下条康麿らが,二院制を生かし,良識的な議会活動を目ざして無所属議員を結集した(国民協同党員なども入会)。山本,田中耕太郎ら文化人議員の存在が特色とされたが,主流は旧貴族院議員など官僚出身者で,第1特別国会召集日の所属議員92名(最高96名)で第一党となった。…

※「山本有三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山本有三の関連キーワード金子洋文坪内士行伊藤松雄大村嘉代子郷田悳関口次郎仲木貞一藤井真澄増田胤次丸谷喜市

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山本有三の関連情報