コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛想尽かし アイソヅカシ

デジタル大辞泉の解説

あいそ‐づかし【愛想尽かし】

相手に対して好意や愛情をなくすこと。また、それを示す言葉や態度。「愛想尽かしを言う」
浄瑠璃歌舞伎世話物における類型的場面の一つで、女が義理のため、愛する男と無理に縁を切るというもの。また、その演出様式。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいそづかし【愛想尽かし】

( 名 ) スル
好意がもてなくなること。また、その気持ちを表す言葉や行為。 「 -を言う」
浄瑠璃・歌舞伎の世話物などで、愛人のためを思って身を引くために、相手の悪口を言い立てる場面。また、その台詞せりふ。縁切り。「殺し場」へ続くのが定石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愛想尽かしの関連キーワード籠釣瓶花街酔醒・篭釣瓶花街酔醒籠釣瓶花街酔醒八幡祭小望月賑傾城買二筋道殺し場縁切り定石僻耳

愛想尽かしの関連情報