感圧紙(読み)カンアツシ

大辞林 第三版の解説

かんあつし【感圧紙】

油に溶かした染料をゼラチンなどで包んで微小なカプセルとし、これを紙に塗布した複写紙。カーボン紙を必要とせず、筆圧で複写できる。伝票などに用いられる。感圧複写紙。ノーカーボン紙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の感圧紙の言及

【感圧複写紙】より

…単に感圧紙ともいう。広義には筆記圧によって複写をとるための加工紙であるカーボン紙およびノーカーボン紙をさすが,狭義には後者のみをさす。…

※「感圧紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android