コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感圧紙 カンアツシ

デジタル大辞泉の解説

かんあつ‐し【感圧紙】

紙の裏に塗った微細な発色剤入りのカプセルが、ペン・タイプライターなどの圧力で破れ、下の紙に色が付着することによって複写がとれる紙。感圧複写紙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんあつし【感圧紙】

油に溶かした染料をゼラチンなどで包んで微小なカプセルとし、これを紙に塗布した複写紙。カーボン紙を必要とせず、筆圧で複写できる。伝票などに用いられる。感圧複写紙。ノーカーボン紙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の感圧紙の言及

【感圧複写紙】より

…単に感圧紙ともいう。広義には筆記圧によって複写をとるための加工紙であるカーボン紙およびノーカーボン紙をさすが,狭義には後者のみをさす。…

※「感圧紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

感圧紙の関連キーワードノーカーボン紙ゼラチン感熱色素PCB顕色剤染料筆圧伝票

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感圧紙の関連情報