コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発色剤 はっしょくざいcoupler

翻訳|coupler

4件 の用語解説(発色剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発色剤
はっしょくざい
coupler

パラフェニレンジアミン系発色現像主薬の酸化生成物と結合して,シアン(青緑),マゼンタ(紅),イエロー(黄)の染料色素をつくる,主として白色粉末の薬品。カプラーとも呼ぶ。多層式カラーフィルムカラー印画紙発色現像に使用する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はっしょく‐ざい【発色剤】

ハムやソーセージなどの食肉加工品イクラ・たらこなどに用いられる、食品の色素を安定させる食品添加物亜硝酸ナトリウム硝酸カリウムなどがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

発色剤

 食品の色を美しい状態に保つための薬品.食肉は加熱,酸化などによって変色するが,亜硝酸ナトリウム硝酸カリウムなどで処理すると肉の色素であるミオグロビンヘモグロビンニトロソミオグロビンニトロソヘモグロビンとなり,色が安定になる,このような薬品のこと.漬け物の色を安定にするためには硫酸第一鉄が使われる.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発色剤の関連情報