コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感圧複写紙 かんあつふくしゃし

5件 の用語解説(感圧複写紙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感圧複写紙
かんあつふくしゃし

筆圧により2枚目以下の用紙に複写するもの。裏カーボン紙ノーカーボン紙に分類される。前者は裏にカーボンワックスが塗布してあり,他の用紙と重ねて文字を書くと筆圧によりカーボンワックスが転写して複写ができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんあつ‐ふくしゃし【感圧複写紙】

感圧紙

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

感圧複写紙【かんあつふくしゃし】

感圧紙とも。鉛筆やボールペンの圧力で複写できるように加工してある紙。一般にノーカーボン紙をさす。
→関連項目マイクロカプセル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かんあつふくしゃし【感圧複写紙 pressure sensitive paper】

単に感圧紙ともいう。広義には筆記圧によって複写をとるための加工紙であるカーボン紙およびノーカーボン紙をさすが,狭義には後者のみをさす。ノーカーボン紙はアメリカナショナルキャッシュレジスター社が1953年に発明した製品であるが,日本でも3社が独自技術を開発し,急成長した高付加価値紙製品で,カーボン紙の伸び悩みとよい対照をなす。文字どおり紙に黒色の部分はなく外観上は普通の紙であるが,記入する上層の紙の裏面には無色の発色性色素を,複写する紙の上面には顕色剤を塗布してあり,2枚の紙を重ねて強く押すと両者が混合し発色する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

感圧複写紙
かんあつふくしゃし

広義には筆記圧によって複写をとることが可能な加工紙で、カーボン紙とノーカーボン紙をさすが、狭義にはノーカーボン紙をさす。ノーカーボン紙は、カーボン紙のように汚れず、また薄くすることができるため、多くの枚数の複写をとることが可能で、カーボン紙にかわって多く用いられるようになった。ノーカーボン紙の発色には、(1)化学的原理を応用したものと、(2)物理的原理を応用したものとがあるが、現在前者が多く用いられる。
 化学的ノーカーボン紙は、筆圧によって2枚の紙が保有する化学物質間に化学反応が生じて発色するもので、1950年代にアメリカのナショナル・キャッシュ・レジスター(現NCR)社により製品化された。通常、裏面に発色剤を内蔵するマイクロカプセルを塗布した上層紙と、表面に顕色剤を塗布した下層紙を一組とする。複写の際に上層紙に筆圧を加えることによってマイクロカプセルが破れ、中の発色剤がにじみ出て、下層紙の表面の顕色剤と反応して複写がとれるようになっている。マイクロカプセル中に封じ込める発色剤とマイクロカプセルの製法、また顕色剤の組成および製法には各種ある。たとえばマラカイトグリーンラクトンやクリスタルバイオレットラクトンのように、無色ではあるが酸性物質に触れると濃く顕色する物質を溶剤に溶かし、分散させてコロイド状にし、さらに被膜に包み込み、径1~30マイクロメートル(1マイクロメートルは1000分の1ミリメートル)程度の微粒にしてカプセルとして用いる。またこのようなカプセルに対しては酸性白土や酸性の合成樹脂などが顕色剤として用いられる。
 物理的ノーカーボン紙は、筆圧によって2枚の紙の間に生ずる物理的変化が複写を可能ならしめる加工紙である。一例として、裏カーボン紙のカーボンをマイクロカプセル化したものでは、上層紙に筆圧を加えれば裏面のマイクロカプセルの皮膜が破れ、カーボンが下層紙の表面に移行して複写を可能にする。[御田昭雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の感圧複写紙の言及

【マイクロカプセル】より

…何種類かの医薬品を同時に投与すると有効であるが,あらかじめ直接混合しておくことはできないような場合にも,マイクロカプセル化は有効である。 感圧複写紙,すなわち筆記やタイプの際に加わる圧力によって複写をとる紙にも,マイクロカプセルが利用されている。これは,それぞれでは無色であるが混合すると互いに反応して発色するような2種類の化合物を利用するもので,一方の化合物をマイクロカプセル化し,複写の際上側に使う紙の裏面にぬってある。…

※「感圧複写紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

感圧複写紙の関連キーワード官版他殺発情感圧紙純粋理性イヌ蛔虫症食事制限感熱記録紙造構造運動

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone