慈斤(読み)じきん

精選版 日本国語大辞典「慈斤」の解説

じ‐きん【慈斤】

〘名〙 (「」はたちきるの) 文章添削をしてもらうことを敬っていう語。〔文明本節用集(室町中)〕
※京童跡追(1667)三「再三は小姓によませられ、付墨慈斤(ジキン)ありしも、今ひらきぬれば、此比(このごろ)の人の述作に似かよひたるのみ也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android