慢詞(読み)まんし

日本大百科全書(ニッポニカ)「慢詞」の解説

慢詞
まんし

中国の歌謡文学である(し)の一種。初期の詞は比較的短い小令(しょうれい)が大部分であったが、北宋(ほくそう)中期張先柳永(りゅうえい)らのころから100字前後に達するような冗漫な篇幅(へんふく)をもつ詞が多くつくられるようになる。これを慢詞という。双調体のものが多いが、なかには四(じょう)240字に達する「鶯啼序(おうていじょ)」のようなものもある。各段の句格は(はい)(楽曲名)によってまちまちであるが、だいたいが四つの段落に分けられ、その大半が前後段で対応しているのは、やはり起承転結があるということであろう。頻用された牌には「沁園春(しんえんしゅん)」「水調歌頭」「念奴嬌(ねんどきょう)」などがあるが、なかには柳永の作中のある牌のように一首のみのものもある。

[田森 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の慢詞の言及

【詞】より

…ただ常用される詞牌はせいぜい100調くらいなものである。最も短いのは〈竹枝〉の14字,長いのは〈鶯啼序〉の240字,60字くらいまでの短編を小令といい,長編を慢詞という。宋の初めまではほとんどが小令で,慢詞の流行は比較的遅い。…

【小令】より

…令は酒令(宴席のゲーム)の意とする説が有力で,唐代において酒令として短編の歌辞を競作したのが〈小令〉の源らしい。宋代になって詞は韻文文学としても鑑賞されるようになるが,長編を慢詞,短編(60字くらいまで)を小令と呼んだ。のちに58字までが小令,59字から90字までが中調,91字以上を長調とする説があるが,厳密にくぎれるものではないし,また中調,長調なる語は宋代にはみえない。…

※「慢詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android