コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧信 えしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧信 えしん

1124-1171 平安時代後期の僧。
天治(てんじ)元年生まれ。藤原忠通の子。九条兼実の兄。保元(ほうげん)2年興福寺別当となり,同寺一乗院にはいる。延暦(えんりゃく)寺との争いの際,その対応が衆徒の不満をかい追放される。復帰をくわだて衆徒とたたかい,仁安(にんあん)2年には跡をついだ別当尋範をおそい,大乗院などをやき,伊豆(いず)に流された。承安(じょうあん)元年9月25日死去。48歳。前の法名は覚継

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

慧信の関連キーワード源信信円天治

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android