衆徒(読み)しゅうと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

衆徒
しゅうと

衆徒」のページをご覧ください。

衆徒
しゅと

持戒清僧をいうこともあるが,一般には,平安時代以降諸大寺に止宿していた多数の僧侶の総称に用いる。院政時代,延暦寺,興福寺などの強訴の主体となった衆徒,大衆と呼ばれるものがそれである。興福寺では,遅くとも南北朝時代には学業僧である学侶や六方衆とは別に,衆徒と呼ばれ弓矢を専業とする僧兵の棟梁たちがいた。彼らは国中に散住したが,そのうち 20人は興福寺内に住し官符衆徒と称された。衆徒は一乗院と大乗院に分属したが,なかでも筒井 (一乗院) ,古市,豊田 (大乗院) などは有名で,戦国時代には次第に独立し,大名化していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうと【衆徒】

しゅと【衆徒】

奈良・京都の諸大寺の僧侶たち。平安末期以後は僧兵をさす。衆僧。僧徒。
特に、中世、奈良興福寺で、武装して寺院警護にあたった下級僧侶。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐と【衆徒】

色葉字類抄(1177‐81)「衆徒 シウト」

しゅ‐と【衆徒】

〘名〙
① 平安時代以後、京都・奈良の諸大寺に止宿していた多くの僧侶。衆僧。僧徒。しゅうと。
※色葉字類抄(1177‐81)「衆徒 シュト」
② 比叡山で、上の階級に属する僧をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 特に奈良興福寺で、武器をもって社頭や寺門を防御した下級僧侶をいう。寺中衆徒(寺住衆徒)と田舎衆徒があり、特に寺中衆徒を呼ぶことが多いが、混用することもある。大乗院と一乗院に分かれて所属した。
※経覚私要鈔‐応永二二年(1415)一一月一二日「衆徒へ御教書案 鶴夜叉法師父子両人装束事 衆中楚忽沙汰以外候」
[補注]「色葉字類抄」の例、前田本では「シウト」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の衆徒の言及

【山門使節】より

…南北朝時代末期に室町幕府が延暦寺の衆徒統制のために作った組織。メンバーには,当時山徒と呼ばれていた衆徒らのうちで特に強勢な者が選ばれた。…

【大和国】より

…大和国の春日神領国化の始まりだが,神仏習合思想を利用して春日社との一体化を進めていた興福寺は大和国の支配を主張,1135年春日若宮社を創建,翌年から若宮祭を大和一国の大祭として興福寺境内で執行,神国大和を称して国中の社寺の末社・末寺化や社寺をまつる在地領主の土豪らの従属を強いた。土豪らを衆徒(末寺坊主),国民(末社神主)に列して在地代官とし,僧兵として武力に起用した。この末社末寺制と衆徒国民制とによって興福寺は大和国の支配組織を完成,摂関家代官の大和国司を有名無実たらしめた。…

※「衆徒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衆徒の関連情報