承安(読み)ショウアン

大辞林 第三版の解説

じょうあん【承安】

〔「しょうあん」とも〕
年号(1171.4.21~1175.7.28)。嘉応の後、安元の前。高倉天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

しょうあん【承安】

日本の元号(年号)。平安時代の1171年から1175年まで、高倉(たかくら)天皇の代の元号。前元号は嘉応(かおう)。次元号は安元(あんげん)。1171年(嘉応3年)4月21日改元。災変、厄会を断ち切るために行われた(災異改元)。『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。承安年間は、高倉天皇の父帝の後白河(ごしらかわ)法皇による院政が行われていた。平氏の全盛期で、当主の平清盛(きよもり)は1168年(仁安3)に病に倒れ出家したが、一族は全国に広大な領地を所有し日宋貿易で莫大な財貨を手に入れて、その権勢は頂点を極めていた。平時忠(ときただ)が「平氏にあらずんば人にあらず」と豪語したとされるのは、この頃のこと。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

承安の関連情報