天治(読み)てんじ

日本の元号がわかる事典「天治」の解説

てんじ【天治】

日本の元号年号)。平安時代の1124年から1126年まで、崇徳(すとく)天皇の代の元号。前元号は保安(ほうあん)。次元号は大治(だいじ)。1124年(保安5)4月3日改元崇徳天皇即位にともない行われた(代始改元)。『易緯(えきい)』を出典とする命名。天治年間は、白河(しらかわ)法皇による院政が行われていた。崇徳天皇は1123年(保安4)、父の鳥羽(とば)天皇の譲位を受け、5歳で即位した。崇徳の曾祖父にあたる白河法皇の意向によるもので、1129年(大治(だいじ)4)の白河崩御後は、鳥羽上皇が院政を引き継いだ。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「天治」の解説

てんじ テンヂ【天治】

平安時代、崇徳天皇の代の年号。保安五年(一一二四)四月三日に前年の天皇即位により改元、天治三年(一一二六)一月二二日に大治となる。摂政藤原忠通。出典は「易緯」の「帝者徳配天地、天子者継天治物」による。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天治」の解説

てんじ〔テンヂ〕【天治】

平安後期、崇徳天皇の時の年号。1124年4月3日~1126年1月22日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android