コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶州98号墳(読み)けいしゅうきゅうじゅうはちごうふん(英語表記)Kyǒngju 98-hobun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慶州98号墳
けいしゅうきゅうじゅうはちごうふん
Kyǒngju 98-hobun

韓国慶尚北道慶州市皇南洞味鄒王陵地区の盟主的古墳。南北方向の長軸の長さ 120m,高さ 22.2mの瓢形墳である。副葬品からみて,南墳は男性,北墳は女性が埋葬され,まず南墳が造られ,次いで北墳が造られた。いずれも中央部に巨大な木槨があり,その周囲は川原石で厚くおおわれていた。木槨の中には二重棺があり,金冠,腰佩などをはじめ,多数の重要な遺物が発見された。特に積み石部の構築にあたって,木組みを行なった痕跡が発見されたことは注目される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android