コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓢形墳 ひょうけいふん

1件 の用語解説(瓢形墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうけいふん【瓢形墳】

(1)朝鮮,新羅時代の墳墓の形式。2人の被葬者を近接した地点に葬るために,時期をへだてて2基の円墳を築造したもので,先につくった墳丘の一部を除去して新しい墳丘を増設する。慶州皇南大塚に例をとっていえば,径80mの2墳を南北に並設した長径が120mというから,先につくった墳丘の4分の1は破壊をうけたことになる。皇南大塚は先につくった南墳に男性を葬り,増設した北墳に女性を葬った夫婦塚であることが判明している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

瓢形墳の関連キーワード岩戸支石墓新羅琴墳墓墳墓の地緑釉Свещари無縁墳墓カラクシュネムルット-ダー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone