慶良間躑躅(読み)ケラマツツジ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

慶良間躑躅 (ケラマツツジ)

学名:Rhododendron scabrum
植物。ツツジ科の常緑低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けらま‐つつじ【慶良間躑躅】

〘名〙 ツツジ科の常緑低木。オオムラサキの母種といわれ、沖縄の慶良間諸島や鹿児島県南部種子島に生え、庭木にもされる。葉は狭楕円形で長さ六~一〇センチメートル。葉質は堅く、両面に褐色の毛がある。三~四月に開花する。花冠漏斗(ろうと)状で五裂し、径五~一〇センチメートルの朱赤色。かざんじま。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android