憲法裁判(読み)けんぽうさいばん

大辞林 第三版の解説

けんぽうさいばん【憲法裁判】

憲法解釈、特に法令の合憲・違憲についての疑義を解決するための裁判。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

憲法裁判【けんぽうさいばん】

法律・命令などの憲法適合性について疑いが生じた場合に,具体的事件と関係なく,立法・行政の機関から独立した特別の機関(憲法裁判所)によって行われる抽象的な違憲審査。憲法が下位法によって侵害されるのを防ぐ客観的な憲法保障制度であり,違憲と決定されたときは法令廃止の効果を生ずる。ドイツ,オーストリアなどはこの制度を採用している。日本,米国などの違憲立法審査権は具体的な訴訟事件を前提とする点で,固有の意味の憲法裁判権とは異なるとされる(反対の見解もある)。なお,フランス・イタリアは,それぞれ独自の憲法保障制度を有する。
→関連項目憲法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

憲法裁判の関連情報