コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懐中汁粉 カイチュウジルコ

大辞林 第三版の解説

かいちゅうじるこ【懐中汁粉】

ほした餡あんを最中もなかの皮で包んだもの。熱湯を注げば即席の汁粉になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の懐中汁粉の言及

【汁粉】より

…以上の呼称は関東におけるもので,関西では御膳汁粉をたんに汁粉,田舎汁粉をぜんざいと呼び,関東のぜんざいは亀山と呼ばれる。懐中汁粉は,さらしあんに砂糖,塩,デンプン,ぎゅうひなどを加えたもので,熱湯を注ぐだけで食べられるインスタント食品である。汁粉の名は室町末期から,ぜんざいの方はやや古く中期から見られるが,両者の間にはこれといった違いはなかったようで,両者が区別されるようになったのは江戸後期のことに属する。…

※「懐中汁粉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

懐中汁粉の関連キーワードインスタント食品光悦善哉蛤志るこ四君子

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

懐中汁粉の関連情報