コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

懲ひ録 ちょうひろくChing birok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

懲ひ録
ちょうひろく
Ching birok

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) 第 14代宣祖 (在位 1568~1608) 時代の壬辰の役 (→文禄・慶長の役 ) について当時要職にあった柳成龍が引退後書いた記録。戦時中の政局の動向がよくわかる基本的史料とされ,著者の状啓,上疏なども収載されている。仁祖 11 (33) 年,遺著『西 厓集』に収められて刊行,のち同 21年『懲ひ録』のみ刊行された。日本でも元禄8 (95) 年に京都の大和屋で重刊。同一著者による『草本懲ひ録』もある。『懲ひ録』は 1913年朝鮮古書刊行会刊行の『朝鮮群書大系』に収められ,後者は 36年朝鮮総督府刊行の『朝鮮史料叢刊』に収められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

懲ひ録の関連キーワード慶長文禄

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android