コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成三問 せいさんもんSŏng Sam‐mun

世界大百科事典 第2版の解説

せいさんもん【成三問 Sŏng Sam‐mun】

1418‐56
朝鮮,李朝の文臣,学者。字は謹甫,訥翁。号は梅竹軒。昌寧の人。文科に及第後,集賢殿の官を歴任,世宗の信任を得,《訓民正音》制定にも参画した。1455年,首陽大君(世祖)が端宗をのけて王位を奪取すると,彼は国璽を抱いて痛哭し,翌年,朴彭年(ぼくほうねん),柳誠源,李愷(りがい),河緯地,兪応孚と端宗の復位を図ったが,発覚して惨殺された。彼らを〈死六臣〉と呼ぶ。著書に《成謹甫集》がある。諡号(しごう)は文忠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

成三問の関連キーワード朝鮮文学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android