国璽(読み)コクジ

百科事典マイペディアの解説

国璽【こくじ】

日本の国家の印章。1871年制定。明治憲法下では批准書,全権委任状,信任状などにも用いられたが,現在は勲記にのみ用いられる。3寸角の金材で,印文は〈大日本国璽〉。宮内庁が保管。
→関連項目印章偽造罪御璽

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こくじ【国璽】

国家のしるしとして押す印章。日本の国璽は約9センチメートル 四方の金印で、「大日本国璽」と刻してある。現憲法下では勲記のみに使用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こく‐じ【国璽】

〘名〙 国家の表象としての印章。日本では、明治元年(一八六八)正月、石材方形の「大日本国璽」がはじめて用いられ、同七年に現行の二寸九分(約八・九センチメートル)の方形、純金材のものに改刻された。旧帝国憲法のもとでは、外交文書・国書・勲記などに用いられた。新憲法のもとでは勲記だけに用いられている。宮内庁が保管。
※幕末御触書集成‐六・安政四年(1857)一一月五日「予此書に合衆国の国璽を添へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国璽の関連情報