コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端宗 たんそうTan‐jong

世界大百科事典 第2版の解説

たんそう【端宗 Tan‐jong】

1441‐57
朝鮮,李朝第6代の王。在位1452‐55年。幼くして父王文宗の死により王位についたが,おじの首陽大君(後の世祖)に王位を奪われ,江原道寧越に追われた。流配の前後,世祖の不法と端宗の復位を要求する臣下がたえず,死を賭して端宗の復位を図った死六臣(成三問,朴彭年ら)や,終生世祖に仕えなかった生六臣(金時習,元昊ら)の伝承を生んだ。王自身も庶人に落とされたうえ自殺を強要され,流配地で死んだ。悲劇の幼王として臣下の行動とともに野史や野談の形でながく語りつがれ,端宗哀史として有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

端宗の関連キーワードヨンウォル(寧越)郡世宗実録地理志白蓮教徒の乱安平大君宗谷暖流江戸幕府エシド人張世傑申叔舟丁克仁陸秀夫金宗瑞羅教厦門

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android