コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端宗 たんそう Tan‐jong

1件 の用語解説(端宗の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たんそう【端宗 Tan‐jong】

1441‐57
朝鮮,李朝第6代の王。在位1452‐55年。幼くして父王文宗の死により王位についたが,おじの首陽大君(後の世祖)に王位を奪われ,江原道寧越に追われた。流配の前後,世祖の不法と端宗の復位を要求する臣下がたえず,死を賭して端宗の復位を図った死六臣(成三問,朴彭年ら)や,終生世祖に仕えなかった生六臣(金時習,元昊ら)の伝承を生んだ。王自身も庶人に落とされたうえ自殺を強要され,流配地で死んだ。悲劇の幼王として臣下の行動とともに野史や野談の形でながく語りつがれ,端宗哀史として有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

端宗の関連キーワード箕子朝鮮高麗茶碗フィリップ幽王李朝李朝実録ハムラビ史庫チュラロンコーンフィロズシャー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

端宗の関連情報