コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成川尚義 なりかわ・なおよし

1件 の用語解説(成川尚義の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

成川尚義

没年:明治32.11.27(1899)
生年:天保12.8.20(1841.10.4)
明治期の地方官。上総国(千葉県)山武郡に生まれる。幕末動乱期に幕臣勝海舟に師事,官軍との折衝に当たり戦争収拾に動く。官軍から一時嫌疑をかけられるがのちその功が認められ,中島鉄胤から明治政府への参加を勧められる。以降,若森県(茨城県)大参事,新川県(富山県)参事,内務・大蔵省書記官,三重県知事など,主に品川弥二郎系の内務・大蔵官僚,地方官として民政の発展に尽力する。また明治30(1897)年には貴族院議員に勅選される。<参考文献>『山武郡誌』

(季武嘉也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

成川尚義の関連キーワードリジェンダー童謡誌おてんとさんパテルノストロ自然と人生ハーグ平和会議久保天随会津若松(市)緯度変化株式会社極運動

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone