成文化(読み)せいぶんか

精選版 日本国語大辞典「成文化」の解説

せいぶん‐か ‥クヮ【成文化】

〘名〙 文章として書き表わすこと。すでにきまっていることや新しくきめられたことなどを、文章や条文として書き表わすこと。
※ニッポン日記(1951)〈井本威夫訳〉一九四六年五月二八日「日本の経済界から戦争犯罪者を追放する指令を成文化するため」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「成文化」の解説

せいぶん‐か〔‐クワ〕【成文化】

[名](スル)慣習として人々が了解している事柄や新たにきめられた事柄を文章として書き表すこと。「規約に成文化されている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android