コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成瀬 仁蔵 ナルセ ジンゾウ

1件 の用語解説(成瀬 仁蔵の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

成瀬 仁蔵
ナルセ ジンゾウ

明治・大正期の教育家 日本女子大学創立者。



生年
安政5年6月23日(1858年)

没年
大正8(1919)年3月4日

出生地
周防国吉敷村(山口県)

学歴〔年〕
山口県教員養成所〔明治9年〕卒

経歴
小学校長などを務めた後、明治10年キリスト教に入信、大阪で洗礼を受ける。11年大阪梅花女学校教師となるが、15年辞職。牧師として布教活動に従事し、その間、22年新潟女学校、北越学館を設立。23年アメリカに留学し、女子教育を研究、27年帰国して梅花女学校(現・梅花女子大学)校長に就任、雑誌「女子教育」を創刊するなど女子教育に尽力した。34年日本女子大学を創設し、長く同学長をつとめた。人格教育を重視した生涯学習を提唱した。大正元年再び欧米に渡航、帰国後、2年教育調査委員会委員、6年臨時教育会議委員として女子教育の発展に尽くした。「成瀬仁蔵著作集」(全3巻)がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

成瀬 仁蔵の関連情報