コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田正右衛門 なりた しょうえもん

2件 の用語解説(成田正右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成田正右衛門 なりた-しょうえもん

1803-1865* 江戸時代後期の砲術家。
享和3年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。はじめ鳥居平七と称す。兄平八とともに荻野流の砲術をまなび,のち長崎で高島秋帆(しゅうはん)について洋式砲術をおさめる。帰藩後砲術師範となり,銃砲の製造,砲台の築造にあたった。元治(げんじ)元年12月8日死去。62歳。名は正之。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

成田正右衛門

没年:元治1.12.8(1865.1.5)
生年:享和2(1802)
幕末の洋式砲術家。薩摩(鹿児島)藩士。諱は正之。初め鳥居平七と称して荻野流砲術を学んだが,天保9(1838)年藩命を受けて兄平八と共に長崎に赴き,高島秋帆に就いて洋式砲術を修めた。帰藩後兄平八が病没したため家督を継ぎ,藩の洋式砲術の師範となる。天保14年高島秋帆の疑獄事件のときかかわりをおもんばかり,成田正右衛門と改名。弘化3(1846)年,軍役掛となり砲術館において洋式兵学を教授するほか,野戦砲および要塞砲の鋳造,火薬,地雷,水雷の製造など薩摩藩の洋式砲術導入に尽力した。

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成田正右衛門の関連キーワード上田仲敏薩摩鹿児島上田帯刀奥邦雅奥典雅小林茂雄高間寛八中島名左衛門鍋島茂義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone