コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田正右衛門 なりた しょうえもん

2件 の用語解説(成田正右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成田正右衛門 なりた-しょうえもん

1803-1865* 江戸時代後期の砲術家。
享和3年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。はじめ鳥居平七と称す。兄平八とともに荻野流の砲術をまなび,のち長崎で高島秋帆(しゅうはん)について洋式砲術をおさめる。帰藩後砲術師範となり,銃砲の製造,砲台の築造にあたった。元治(げんじ)元年12月8日死去。62歳。名は正之。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

成田正右衛門

没年:元治1.12.8(1865.1.5)
生年:享和2(1802)
幕末の洋式砲術家。薩摩(鹿児島)藩士。諱は正之。初め鳥居平七と称して荻野流砲術を学んだが,天保9(1838)年藩命を受けて兄平八と共に長崎に赴き,高島秋帆に就いて洋式砲術を修めた。帰藩後兄平八が病没したため家督を継ぎ,藩の洋式砲術の師範となる。天保14年高島秋帆の疑獄事件のときかかわりをおもんばかり,成田正右衛門と改名。弘化3(1846)年,軍役掛となり砲術館において洋式兵学を教授するほか,野戦砲および要塞砲の鋳造,火薬,地雷,水雷の製造など薩摩藩の洋式砲術導入に尽力した。

(所荘吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

成田正右衛門の関連キーワードスターリング若宮丸漂流民ドゥーフ日道白粒岩延命院日道遠州流(茶道)舎密開宗クリスタル・パレス新納時升

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone