コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻野流 オギノリュウ

3件 の用語解説(荻野流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おぎの‐りゅう〔をぎのリウ〕【×荻野流】

江戸時代、荻野安重の創始した砲術の一派。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おぎのりゅう【荻野流】

砲術の一派。江戸前期、荻野六兵衛安重(1613~1690)が家伝の砲術を大砲に応用して創始したもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荻野流
おぎのりゅう

近世和流砲術の一流派。流祖は荻野六兵衛安重(やすしげ)(1613―90)。安重は初め父彦左衛門(ひこざえもん)に種子島(たねがしま)の砲術を学び、早打乱玉(はやうちみだれだま)という技を創案して、遠州浜松の本多豊後守(ぶんごのかみ)に仕え、300石を給された。1644年(正保1)32歳のとき、諸流の研究を志して本多家を去り、各地を歴遊すること十数年、正木流など12の流儀の奥義を究め、弟小左衛門正辰(まさとき)の協力を得て、これを集大成して荻野流を編み出したという。1667年(寛文7)55歳、岡山の池田光政(みつまさ)に招かれ、のち播州(ばんしゅう)明石(あかし)の松平若狭守(わかさのかみ)に仕え、同地に没した。その子六兵衛照清(てるきよ)が父の業を継いだが、ゆえあって松平家を辞し、大坂の玉造(たまつくり)に移り住んで、ここに私塾を開いた。1747年(延享4)照清の没後、備中(びっちゅう)足守(あしもり)(岡山県)の藩士上田惣左衛門の次男代二郎が後を継ぎ、六兵衛照良(てるなが)と称した。この門流は以上のほか膳所(ぜぜ)藩、盛岡藩、秋田藩など全国に広がりをみせ、信州高遠(たかとお)の坂本天山(荻野流増補新術、天山流の祖)や幕末に活躍した高島秋帆(しゅうはん)など著名な砲術家を出している。[渡邉一郎]
『所荘吉編『日本武道大系 第5巻 砲術』(1982・同朋舎出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荻野流の関連キーワード荻野安静扱心流渋川流戸田流荻野信道荻野安重種田木工助西村忠次久松土岐太郎古田直次

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荻野流の関連情報