我関せず焉(読み)われかんせずえん

精選版 日本国語大辞典の解説

われ【我】 関(かん)せず焉(えん)

(「焉」は漢文で断定の意を表わすのに用いる助辞) 自分は関係がない。その物事にはまったく関心がなく超然としているさまにいう。
※医師高間房一氏(1941)〈田畑修一郎〉三「練吉の方は吾不関焉(ワレクヮンセズエン)といった風があることだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android