コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

助辞 ジョジ

世界大百科事典 第2版の解説

じょじ【助辞 zhù cí】

ここにいう助とは漢文(中国古典語)のいくつかの品詞の総称であって,江戸時代漢学者はおおむね〈助字〉と呼ぶが,近代中国の文法学者が〈虚詞〉(または〈虚字〉)と称するものにあたる。中国の文法では,品詞を大きく分けて〈実詞〉と〈虚詞〉の二類とする。〈実詞〉は名詞・動詞・形容詞を包括し,これに属する単語はそれぞれある種の事物またはその数量,形態,動作などを意味し,明確なイメージをよび起こす。これに対して〈虚詞〉は単独ではそのような具体なイメージをもたらさない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょじ【助辞】

助詞」に同じ。
助詞・助動詞の総称。
助字」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

助辞の関連キーワード暑・緖・署・諸・処・初・嶼・庶・所・暑・曙・書・緒・署・蔗・薯・處・諸助・叙・女・如・序・徐・恕・抒・敍・絮・除柿本朝臣人麻呂歌集辞(日本語文法)カンボジア語一頭地を抜く助辞本義一覧三矢 重松和語説略図西島 良爾相(言語)クメール語松下大三郎青柳 篤恒我関せず焉柴田利直青柳篤恒助字弁略操觚字訣三矢重松

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android