コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戒光 かいこう

1件 の用語解説(戒光の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

戒光

生年:生没年不詳
鎌倉初期の尼。承久の乱(1221)で公家方首謀者のひとりとされた中御門宗行の妻。夫が駿河国(静岡県)で刑死したのち,京都の栂尾高山寺明恵上人のもとに通い,主として華厳経』に基づく教えを受けて出家。貞応2(1223)年西園寺公経の経済的援助を得て,山城(京都府)梅ケ畑に善妙寺を建立して入寺した。この寺に同時に居住した尼は少なくとも8人おり,いずれも夫や子が承久の乱で京方に加担したために,身寄りを失った女性ばかりであった。戒光は彼女らの指導的存在として,亡き夫らの菩提を弔いつつ仏道の修行に励んだ。貞永1(1232)年に写した『華厳経』の一部が,今日『尼経』の名で呼ばれて高山寺に伝来する。<参考文献>高信選『高山寺縁起』,柳原信充『柳庵題跋備考』,『高山寺経蔵典籍文書目録』第1巻,田中久夫『明恵』

(牛山佳幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戒光の関連キーワード承久記承久の乱承久足利義助一条信能糟屋有久加藤景廉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戒光の関連情報