コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戒光 かいこう

朝日日本歴史人物事典の解説

戒光

生年:生没年不詳
鎌倉初期の尼。承久の乱(1221)で公家方首謀者のひとりとされた中御門宗行の妻。夫が駿河国(静岡県)で刑死したのち,京都の栂尾高山寺の明恵上人のもとに通い,主として『華厳経』に基づく教えを受けて出家。貞応2(1223)年西園寺公経の経済的援助を得て,山城(京都府)梅ケ畑に善妙寺を建立して入寺した。この寺に同時に居住した尼は少なくとも8人おり,いずれも夫や子が承久の乱で京方に加担したために,身寄りを失った女性ばかりであった。戒光は彼女らの指導的存在として,亡き夫らの菩提を弔いつつ仏道の修行に励んだ。貞永1(1232)年に写した『華厳経』の一部が,今日『尼経』の名で呼ばれて高山寺に伝来する。<参考文献>高信選『高山寺縁起』,柳原信充『柳庵題跋備考』,『高山寺経蔵典籍文書目録』第1巻,田中久夫『明恵』

(牛山佳幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

戒光の関連キーワード山越阿弥陀(やまごえのあみだ)京都府京都市左京区黒谷町聖護院だいこん山越阿弥陀図円一(1)獅子吼観定一枚起請文颯田 本真千葉 良導大鹿 愍成戒光寺町山田恵諦清浄華院藤村庸軒覚誉上人大鹿愍成三宅尚斎狩野直喜千葉良導清和天皇

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android