コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

或る アル

デジタル大辞泉の解説

ある【×或る】

[連体]《動詞「あり」の連体形から》はっきり名を挙げずに物事をさす語。また、漠然と物事をさしていう語。「或る所」「或る日」「或る人」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ある【或る】

( 連体 )
〔動詞「あり」の連体形からできた語〕
事物・人・時・場所などを漠然とさしていう語。また、それらをはっきりさせずにいう時にも用いる。 「 -所におじいさんがいました」 「 -日」 「 -時」 「 -未知の物質」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

或るの関連キーワードそわそわしい構い付ける説伏・説服高慢ちき出抜ける飛び退る義理尽く鈍ましい揉みくた盗み笑い弱り込む後先無し我慢にも横抱き食残し心置き連体形タクト誇りが我武者

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

或るの関連情報