外科室(読み)げかしつ

精選版 日本国語大辞典の解説

げか‐しつ ゲクヮ‥【外科室】

[1] 外科の診療や手術を行なう部屋。
※外科室(1895)〈泉鏡花〉上「直ちに外科室(ゲクヮシツ)の方に赴く時」
[2] 小説。泉鏡花作。明治二八年(一八九五)発表。死によって結ばれた男女の幽玄な恋を描き恋愛至上主義を示した。観念小説の代表作。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げかしつ〔ゲクワシツ〕【外科室】

泉鏡花による短編小説。明治28年(1895)6月、雑誌「文芸倶楽部」に掲載。麻酔による手術を拒む伯爵夫人と執医高峰の秘められた関係を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外科室の関連情報