コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸惑い トマドイ

デジタル大辞泉の解説

と‐まどい〔‐まどひ〕【戸惑い】

手段や方法がわからなくてどうしたらよいか迷うこと。「戸惑いを感じる」「戸惑いの表情を見せる」
入る家や部屋、進む方向などがわからなくてこまること。
「博覧会の門口で―でもすると極まりが悪い」〈総生寛・西洋道中膝栗毛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とまどい【戸惑い】

( 名 ) スル
とまどうこと。 「 -を覚える」 「何から云出さうと各おのおの-するらしい/夢の女 荷風
夜中に目を覚まして方角を失い、まごつくこと。ねぼけ。 「小便に起きた所が、つい-をして/滑稽本・膝栗毛 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

戸惑いの関連キーワード少子高齢化が促すサービスロボット開発55歳からのハローライフシリル・E. パーマー8.6秒バズーカークールジャパン戦略南海キャンディーズ身体醜形障害ドレイファスナナとカオルアオハライドごちそうさん宇都美慶子長男の出家免田事件佐藤B作斉藤レイ幻想文学ディーン滑稽本セロー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戸惑いの関連情報