戸田氏秀(読み)とだ うじひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田氏秀 とだ-うじひで

1882-1924 明治-大正時代の華族。
明治15年1月6日生まれ。もと上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩主大河内輝声(てるな)の次男。戸田氏共(うじたか)の養子。宮内省にはいり東宮職主事,東宮職庶務課長,宮内事務官兼式部官などをつとめた。伯爵。大正13年6月19日死去。43歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android