コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内輝声 おおこうち てるな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内輝声 おおこうち-てるな

1848-1882 幕末の大名。
嘉永(かえい)元年10月15日生まれ。大河内輝聴(てるとし)の子。万延元年上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩主大河内(松平)家10代となる。洋式兵制をとりいれ,農兵をつのり強心隊を編成。慶応3年幕府の陸軍奉行並となるが,翌年新政府軍にしたがい小栗忠順(ただまさ)を追討。維新後,東京に英学校を設立した。明治15年8月15日死去。35歳。幼名は恭三郎。初名は輝照。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大河内輝声の関連キーワード戸田 氏秀戸田氏秀武居世平土屋老平嘉永

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android