所 美都子(読み)トコロ ミツコ

20世紀日本人名事典「所 美都子」の解説

所 美都子
トコロ ミツコ

昭和期の反戦運動家



生年
昭和14(1939)年1月3日

没年
昭和43(1968)年1月27日

出生地
東京

学歴〔年〕
お茶の水女子大理学部植物科卒,阪大大学院中退

経歴
昭和41年東大新聞研究所研究生となり、この間、原水爆反対闘争、安保闘争の時の羽田闘争、6.15国会突入、三池闘争に参加。東大ベトナム反戦会議で活躍中、病気過労で死亡した。29歳。生物学、社会科学、女性史、組織論などの研究に打ち込み、山岳部にも属する明るい女性だった。反戦と科学者の反独占運動に活躍して倒れた’60年代後半の学生運動の先駆者だった。遺稿集「わが愛と叛逆」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「所 美都子」の解説

所 美都子 (ところ みつこ)

生年月日:1939年1月3日
昭和時代の反戦運動家
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android